お見合いパーティーの企画内容

お見合いパーティーにもいろいろな種類がありますが、ある程度種類を絞った上でも迷うのが企画のあれこれです。どんな企画があるのかちょっと調べてみましょう。

 

年齢を限定した企画

お見合いパーティーは当然結婚相手を探すもの、ということは、やはり年齢は大きなポイントです。

 

参加条件に年齢の区分がある場合は多く、25歳から34歳というようにある程度幅は持たせてあるものの、年齢の限定はとても一般的です。この設定は運営側が決めるもので、場合によっては男性の年齢と女性の年齢設定が異なる場合もあります。

 

職業を限定した企画

男女共にどういった職業かを限定する場合もありますが、多くは男性の職業を限定したもののようです。

 

これはやはり結婚という特性上、男性が一家の主としてしっかりした収入があるかどうか、堅い仕事に就いているかどうかを気にする女性が多いからでしょう。

 

女性が20代前半の場合でしっかりした結婚願望を持っていたとしても、同年代には確固たる収入をすでに得ている男性はまず見つからないでしょうし、結婚願望そのものもまだ無いほうが多いですね。

 

そうした場合にお見合いパーティーなどで理想的な相手を見つけるというケースも少なくありません。

 

離婚経験者に限定した企画

日本も離婚数が増えていますので、男性でも女性でも離婚歴のある人はとても多いです。

 

ただ、未婚の人は機械的に条件検索で離婚経験者を敬遠してしまうケースがあるので、年齢に関わらず出会いのパイが減ってしまう傾向があります。

 

離婚経験者同士であれば話もしやすく意気投合しやすいので、比較的人気の高い企画です。

 

高額所得者に限定した企画

これは一概には言えませんが、年収が1,000万円を超えるような人だけに絞った企画もあるようです。

 

本人確認には源泉徴収票や所得証明書などの提出が求められますが、そうした人がお見合いパーティーに参加するという機会がそれほど多いわけではないでしょうから、あまり頻繁に行われるパーティーではないでしょう。

 

高学歴に限定した企画

有名大学の卒業生に絞った限定企画です。卒業証書などの提示を求められます。