お見合いパーティーの「やってはいけない」

お見合いパーティーで成功したい!と思う反面、同じくらい怖いのがやってはいけないことをやってしまうことです。お見合いパーティー慣れしてしない人はもちろん、もしかしたら何度も参加している人でも知らずにやってしまっているのかも?それで大きく損している人も実際にいますから、是非成功攻略と同時にNG事項もしっかり押さえておいてください。

 

真顔はNG!?

真面目に真剣に話を聞いているし、心をこめて話しているのに・・・どうしても相手に良い印象を持ってもらうことが出来ない、それには「真顔」が関係しています。

 

自分の顔は自分では見えませんので客観視しないとわからないのですが、動画撮影などしてもらうとおそらく自分でも「怖っ!!」と思うほど、緊張でこわばった表情をしているケースがとても多いのです。

 

お見合いパーティーで相手と話せるのはほんの数分。

 

それだけの時間に「なんとなく落ち着く」「明るくなる」「やさしそう」「誠実そう」などと思ってもらうには、必要なのは真顔ではなくもちろん笑顔です。「こちらの話がつまらないのかな?」と思われてしまわないように、表情については精一杯意識してください。

 

ラフな服装はNG!

服装自由と言ったからと言って、デニムで行くのはNGです!

 

ブルージーンズは欧米では作業着であったり服役中の受刑者の服装ですから、初めて会う人たちがいるような場に本来着て行くものではありません。

 

同じく男性のハーフパンツもNG、パーカーもNGです。女性は逆に夜のお仕事のような盛りすぎはNGです。必要なのは「清潔感」ですから、間違いのないようにしましょう。

 

無言は当然NG!

会話が無いというのはかなり辛い状況ですね。相手と向い合って何の言葉も発しないままではおそらく人間30秒でも息が詰まります。もし万が一、どうにも相性が合わない相手だなと内心思った場合でも、大人として常識的な会話はするのが最低限のマナーです。

 

何を聞かれても「はい」「いいえ」だけで済まそうとするのは絶対にやめましょう。