40代のお見合いサイト活用法

40代で結婚相手を探し始めるという人は、とにかく仕事に夢中になっていて気が付くと思った以上に自分が歳を重ねていたという人、ずっと交際していた相手と結婚するつもりでいたのに別れてしまったという人、結婚自体に興味が持てなかった人などさまざまです。

 

最近では40代でも若いままの容姿をキープしている人も増えてはいますが、やはり肉体を若いまま保てるわけではありません。

 

結婚となると女性は出産の意味からして難しくなりますし、男性でも若い女性と結婚出来ると思い込んでいたら、まったく相手にされなくてショックを受けたというようなケースも実際にあります。

 

40代がお見合いサイトを使う場合、どのような考え方で、どのように使えば良いのでしょうか。

 

自分に自信を持ち過ぎない

厳しい言い方ですが、40代まで仕事を続けてきて婚期を逃した人などは特に、自分にとても自信があり過ぎる場合が多いです。自信を持つのはとても良いことですが、それを相手にまず認めさせようとするところからスタートするのは、いかがなものでしょう?

 

自分の生き方も判断も、成し遂げて来たことも、本質的には相手のそれとなんら変わりはないと、心から思えますか?自分を認めて欲しいなら、まず相手をきちんと認めること。このハードルを本当の意味で超えることが出来るなら、その人は人生のパートナーを得ることが出来るでしょう。

 

相手を見る目を厳しくしない

結婚相手に対する目が、単なる品定めのようになってしまっては本当に成功は程遠いです。
必要なのは「人生を一緒に歩いていける相手」であって、「出した条件に合う相手」ではありません。

 

逆説的ですが、登録した後はひとまず結婚相手探しという目的は忘れて、人という個性に注目してみてはいかがでしょうか。もしかしたら考えもしなかった楽しそうな趣味を持っている人に、人として興味が持てるようになるかもしれません。

 

若い年代ばかり求めない

自分の容姿がまだ30代なのだからと、30代のパーティなどに参加してもおそらくショックを受けることになると思いますのでおすすめしません。それほどに、肉体の年齢というのはどうにもしようのないものなのです。